0
¥0

現在カート内に商品はございません。

コンテンツ

  • ウコン(クルクミン)プチ情報

    ウコンは染料、香辛料あるいは漢方薬、インド古来の治療薬として用いられ、古くより医食同源に通じる食品です。平安時代に中国より琉球へ伝わり日本各地へ広まりました。インドのアーユルヴェーダ医学では、炎症を抑えることができる薬として記載されています。また、肝機能改善、健胃あるいは胆汁酸分泌亢進などの様々な効能が昔から口承や多くの経験談として語り継がれています。 (ウコンの花)ウコンに3-5%含まれているクルクミンは、ポリフェノールの1種(カレーライスの黄色い色素)で、最近ではDCAと同じく、ミトコンドリアの活性を促す 働きが期待できるとされていたり、さまざまながん細胞の増殖と転移を抑えることが示唆されており、アメリカのM.D.アンダーソンセンターでは公に推奨してい ます。最近は特に、抗がん効果の他にもアルツハイマーを予防する効果があることがわかり注目を集めています。インド人がアルツハイマー病に発症する確率はアメリカ人の4分の1。これはカレーに使われるウコンに含まれる“クルクミン”というポリフェノールが認知症予防効果かもしれません。ちなみにカレー(1食分)に含まれるクルクミンは約100mg程度です。したがって毎日10食分食べればいいのかもしれませんが、少し現実味に欠けていま す。ただインドの方はカレーだけでなく他の食べ物にも香辛料としてターメリックを使うので、認知症予防につながっているのかもしれません。>> 春ウコンと秋ウコンの成分は同じ?クルクミンのサプリメントを摂るならE-CLINIC ONE クルクミン2粒で約460mgの「ウコン抽出物」が含まれています。「クルクミン」はオリーブオイルや『オメガ3』と一緒に摂るほうが吸収率を上げますのでお勧めです。

    もっと読む
  • 春ウコンと秋ウコンの成分は同じ?

    春ウコンと秋ウコンは全く違うものです。ウコンと言われているものは、世界には50種類以上、東南アジアだけでも30種類以上あります。中でも日本でよく知られているのは、春ウコンと秋ウコンですが、両者は全く別の植物です。昔から薬草として使われていたのは『秋ウコン』の方です。● 秋ウコンとは「鬱金(ウコン)」英語名:ターメリックインドや東南アジアなど熱帯地方に生えているショウガ科の植物。あざやかな黄色をしていて、断面は鮮やかなオレンジ色。乾燥粉末は「ターメリック」という香辛料としてカレーやスパイシーな料理に欠かせません。ターメリックの黄色い色素を利用して沢庵の着色剤などにも使用されています。『秋ウコン』にはこの【クルクミン】が豊富に含まれています。【クルクミン】は、抗動脈硬化、抗酸化作用、高脂血症改善、肝機能改善などの効果があると言われています。最近は特に、抗がん効果の他にもアルツハイマーを予防する効果があることがわかり注目を集めています。●春ウコンとは別名「姜黄」(キョウオウ)『秋ウコン』よりも早く春ごろに花を咲かせる同じショウガ科の植物です。『春ウコン』は【クルクミン】の量は少ないので間違わないように!>> ウコン(クルクミン)プチ情報クルクミンのサプリメントを摂るならE-CLINIC ONE クルクミン2粒で約460mgの「ウコン抽出物」が含まれています。「クルクミン」はオリーブオイルや『オメガ3』と一緒に摂るほうが吸収率を上げますのでお勧めです。

    もっと読む
  • マルチビタミンを選ぶ基準

    「マルチビタミンはどれを選べばいいの・・・?」こんな質問がeクリニックによく来るそうです。返事はもちろんeクリニックの先生方が監修したもの!・・・即答で終わりなんですが(笑)それはともかく、マルチビタミンを選ぶ基準を挙げてみましょう。基本はこの3つです。鉄とヨウ素が含まれているものは避けるそして、ビタミンAはビタミンAでなくてβカロテンとして含まれているもの。ファイトケミカルが入っていること。できれば市販のサプリではなく、「医家向けサプリ」を選ぶ(「医家向けサプリ」は下のコラムを見てね)まずは、この3つのポイントを押さえて、マルチビタミンサプリを選ぶと間違いはないと思います。では、各社のマルチビタミンの成分含有量はどうなのか?各社のホームページで公開されているデータを基に表を作成してみました。

    もっと読む
  • タンパク質(プロテイン)について

    タンパク質は、筋肉・骨・髪の毛・爪をはじめ、あらゆる臓器の材料として、また、酵素・ホルモンや免疫物質の材料として、とても大切な栄養素です。厚労省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、一日に必要なタンパク質の推奨量は、18歳以上で「男性:60g 女性:50g」となっています。 ソイプロテイン 3,780円

    もっと読む
  • 食物繊維について

    1. 食物繊維は足りているか食物繊維が私たちの健康度を大きく左右する必須栄養素の1つであるにもかかわらず、日本人はなべて摂取不足なのです。食物繊維の摂取基準は20g/日で、理想は24g/日とされています。いっぽう日本人の平均摂取量が14g/日ですので、ほとんどの人は、理想摂取量はおろか基準摂取量をも満たしていないのが現状です。食物繊維が不足すると糖尿病や大腸がんなどさまざまな慢性疾患のリスクが高まることはよくわかっていますが(特に摂取量が12g/日を下回ると著明にリスクが高まる)、いっぽうで、摂取量が24g/日を上回ると、心筋梗塞をはじめさまざまな疾病リスク有意に低下することもよくわかっています。 2. 食物繊維は意外に摂るのが難しい「それじゃあ、5-10gくらい食物繊維の摂取量を増やせばいいじゃないか?」確かにその通りなのです、増やせばいいんです。しかし、糖質やカロリーをセーブしながら、食物繊維を確保するのは意外に至難の業なのです。ともすればカロリー過多、糖質過多になってしまいます。「腸内環境を改善するなら乳酸菌やビフィズス菌を補えばいいじゃないか?」 かつては乳酸菌やビフィズス菌を補うことが腸内環境改善の最も有効な手段だと考えられていました。しかし外から入った乳酸菌やビフィズス菌はほとんど腸内には定着できないことが分かっていて、今は、腸内細菌の栄養(エサ)となる食物繊維やオリゴ糖を補うほうが有効であると考えられています。 3. やはり栄養保険をかけておく他の栄養素も同じですが、基本、栄養素(微量栄養やタンパク質、食物繊維)を増やすと、糖質(カロリー)も同時に増やしてしまうことになり、結果、糖質過多になってしまったり、あるいは、糖質制限(カロリー)の妨げになってしまいます。もちろん食物繊維を含む食材を意識して摂取するのは望ましいのですが、不溶性の食物繊維ばかりを多く摂りすぎるとかえって便秘を増悪させるおそれもあります(水溶性食物繊維は特に不足しがち)、したがって、水溶性、不溶性、ともにバランスよく摂取するためにも栄養保険の一環として食物繊維(ファイバー)もベースサプリ(水溶性、不溶性がバランスよく配合されているもの)として摂っておく(約5-10g/日)のが現実的で賢い方法だと私は考えています。 eクリニックスタッフ医師 岡本 裕(健康情報サイト「eコメント」より) ファイバー 3,888円

    もっと読む

カテゴリ一覧

ページトップへ